スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫を捨てる人

雪と舞を保護した日、公園内にある神社の宮司さんとお話しました。

随分以前から捨て猫には悩まされ続けてきたようです。

無碍にも出来ず宮司さんは餌を与えていたそうですが、そうすると
捨てに来る人が後を絶たず、境内には常に20匹位の猫がいたそうです。

図書館とか美術館等の文化施設がたくさんある、山を切り開いたような公園なので、
捨てられた猫たちは餌を食べに神社に帰って来るものもいれば
そのままどこかへ行ってしまったり、野犬の餌食になってしまう猫もいるようです。
最近では人からの虐待で命を落とす猫もいます。

図書館の館長に宮司さんの知り合いの方がなったので、
捨て猫対策をどうにかしてほしいと直訴したこともあったそうですが、
「やる、やる」と言いながら、結局は何もしてくれずに終わるそうです。
県の職員で上に上り詰めたような人たちは、何か目立つようなことをして
退職したいものですから、捨て猫対策などには見向きもしてくれないそうです。
今一番言われている、「命の大切さ」に関することなのに。


ある時など、猫を段ボール箱に入れて捨てに来ている輩を見つけたそうです。
すぐに警察へ電話して現行犯逮捕になるかと思ったのに、
犯人曰く「他のところに捨ててあったから、そのままだと死んでしまっては
かわいそうだと思い、自分がここに運んで来ただけ」と言い張るのだそうです。
そう言われては、警察も手が出ずに終わるのだそうです。
ここに捨てないように言っても、結局はもっと山の中へ捨てたりするので、
そうなるともう絶対死んでしまうから、宮司さんも拒絶できないそうです。

警察が来て現行犯逮捕が出来ないのでは、捨て猫が減るわけがありません。
ボランティアさんが入って、猫の数も随分減ったそうですが、
ボランティアさんだってどこの支援も受けずに自腹を切ってTNRしているのですから
いつまでもお金が続くわけがありません。
「もうあの公園からは撤退したい」とボラさんは仰ってました。その気持ち分かります。

でも折角数が減ってるのに(それでも50匹くらいいるそうです)、
今撤退してしまったらまた以前のようなサバイバルの地になってしまいます。

一見そんな風には見えないところなんです。
お昼は家族連れは多いし、観光客もいるし、猫をかわいがっている人もいるし。


ボランティアさんたちが看板を立てたのですが、


捨て猫防止看板

これに関しても
「県外からの観光客がいる所で、こんな看板を立てて徳島の恥をさらして」
みたいな苦情があったそうです。

「犬と猫と人間と」の映画でも、
徳島の愛護管理センターが内部をオープンにしていたのですが、
それに関しても、東京在住の県人から「徳島の恥をさらして」と、クレームがあったそうです。

小さな命を救おうと奔走しているボランティアさんたちがどうして
そんな苦境に立たされてしまうのか、理解できません。

こんな大事な問題は、一般市民が自腹を切ってするのではなく、
国が動いてくれないことには改善されないと思います。

今のこの現状のままでは、この国の動物たちに未来はないです。




              
                            



鈴娘 日溜り
       鈴娘ちゃん  日溜りで気持ちいい





ランキングに参加しています。
1日1回ポチリ!とよろしくお願いします。


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
ありがとうございました!
    
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うちの近所の小さな公園ですら捨て猫が絶えません。
もうどの子が捨て猫なんだか。。。(^^;)
面倒を見てくれる人が居る場合はいいけど。。。いないと悲惨ですよね。
動物を捨てる時に「なんとか生きて行くだろう。」と思う心根が卑しいです。
この国の意識を変えたいですね。

徳島県民にも「 徳島の恥 」 と言う自覚はあるんだぁ。
全国に散らばっている 徳島県民、徳島を恥だと思うなら
県外からでも徳島を変えていけば良い !!
それもしないで 文句ばっかり言うんじゃないわっ !!!
・・・ って声を大にして言いたい。。

まる様

コメントありがとうございます。

捨てられて生きていけるわけがないんですよね。
成猫なんてかわいそうなものです。どうして何年も一緒に住んでいた
犬猫を捨てることが出来るんだろう?私にはその感覚が全く理解できません。
母親からある日突然引き離された子猫だって、ひとりで生きていけるわけがない。
どうしてそれくらいのことを考えてくれないんだろうと思います。

どんなまどんな様

コメントありがとうございます。

そうそう、そうなんですよ。
本当のことなんだから、恥も何もないでしょうと言いたいです。
恥だと思うなら、それを改善してほしい。改善しようとしている人たちに
文句を言わないでほしいんです。恥を隠してたって仕方ないでしょうに。

しかし捨て猫現行犯を目の前にして逮捕できないって、
愛護法って一体何なんだろうと思います。
プロフィール

こまちょんた

Author:こまちょんた
猫屋敷の住人。お猫様にお仕えして十年余り。お猫様と日々生活を共にし、ますます猫化しています。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
愛猫に先立たれた方に 聴いていただきたい曲です。     ▼ ボクが傍にいるから・・・(ブルー) mamさんに描いていただきました♪ 鈴娘ポートレート 鈴娘バナー
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧

「ネコジマン」の公式ブログ

是々非々でw

気ままにPHOTO LIFE second season
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。