スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだか違和感があるんですけど

お役所に対して、最近腹立たしい思いをしたのですが、
この件に関しては、昨日、親戚のおばさんから電話があって解決しました。

おばさんは、電話口でとても上機嫌でした。
「市役所の人がものすごく親切で、丁寧に接してくれたのよー」
と、言ってました。
電話で市役所の人と話しをしたところ、何の問題もなくトントン拍子に話が進んだそうです。
大量の本の処分は、担当の人が見に来てくれて、運び出しも全てやってくれることになって
近い内に処分できることになったそうです。

多分、私が話しをした副課長が電話に出たようです。
「困ったことがあれば、何でも仰ってください」と、親切に言ってくれたとか。

日頃から課内の職員全員が、誰にでもそういう風に応対してくれれば何の問題もないのです。
それをマンネリみたいにふてくされて、朝から腹の力が抜けたような応対をされたら怒鳴りたくもなります。
怒られて初めて分かるようじゃ、役所の役目を果たしてないです。

これからは親戚のおばさんだけではなく、
耳の聞こえにくい高齢者から電話がかかってきても、きちんと応対してくれることを望みます。
みんな分からないから尋ねてきているんですから。





晴耕雨読じゃないですけど、
最近お天気のいい日は、外での作業が多くなっていました。
今日は久しぶりの雨なので、パソコンで調べもの。

そして徳島県庁のホームページを見ていました。
そこに「動物愛護」というのがあったので、開いて見ていました。

「動物についてのよくある質問」の中に
「死亡したペットはどうすればいいですか」というのがありました。

答えが

「死亡したペットは飼い主の判断により、動物霊園で火葬・埋葬する方法と、
一般廃棄物として市・町にその処分を委託する方法があります。
詳しくは、お住まいの市・町のごみ担当課へお問い合わせください。」

とありました。

「ペット」と「一般廃棄物」、「ごみ担当課」という言葉が結びつかず、

違和感のある表現に、う~んと考え込んでしまいました。

県民の中には、自分が飼っている犬や猫が死んだら、ごみとして扱える人がいるということでしょうね。
一般廃棄物として、焼却炉か何かでごみと一緒に犬や猫も焼いてしまうということでしょうか?

私が子供の頃、今のようにペット霊園とかが無かった時代には、
祖父が近くを流れる吉野川の川原に埋めに行ってました。

当時は多分、クリーンセンターなどもなく、ごみは自宅で焼いたり、
ゴミ捨て場のようなところに捨てていたと思います。

今はそんなことは許されるはずもなく、
飼い主の判断次第で、犬や猫もごみとして処理される時代なんですね。

20年程前に、友人が
「知り合いの人がね、飼ってた金魚が死んだからって、ゴミ箱に捨てたって言うんだよ。ひどいよね。」
と言っていたことがありましたが、今の時代になっても
それと同じようなことをする人もいるんだと、ちょっと驚きました。

ほんの一時期とは思いますが、家族の一員として一緒に暮らしてきた犬や猫、その他の動物を
死んだからといってごみとして扱うなら、最初から飼わない方がいいのではないかと思います。

車にはねられて道端で死んでいる猫を見捨てておけず、かと言って自分で拾って埋めてあげる勇気もないので、
いつも役所に電話して回収してもらってました。
役所の担当者が
「クリーンセンターから回収に行きますので」
と答えました。

「なんでクリーンセンターなんですか?ひょっとしてゴミとして扱うんじゃないでしょうね」
と尋ねたところ、
「いえいえ、とんでもない。ちゃんと供養しますよ」
という返答だったので信用してましたが、やっぱり違ったんですね。

今の日本では、生き物は死んだらゴミとして扱われるんです。

犬や猫、その他の動物を飼ってられる方は、
もしその動物が死んでも、お役所にその処分を委託するなんてことは
絶対しないでほしいです。

ほんの一時期でも一緒に暮らした生き物たちは、たとえ死んでもゴミではありません!


なんだか最近本当にイヤなことばかりです。





                      




白玉 アクロバット
           すごい格好で寝ている白玉
           お前が死んだらゴミ?冗談じゃないよね!






ランキングに参加しています。
1日1回ポチリ!とよろしくお願いします。


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
ありがとうございました!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

役所は、所詮流れ作業なんでしょうね。
動物をゴミと扱う人間がいる限り、日本に本当の動物愛護は生まれないと思います。
悲しいけど。。。
だから行政自体を動かすか変えるしか、道はないんでしょうね。
それまで気長に待てませんけど。。。

白玉ちゃん、寝違えたりしないんでしょうか?
すんごい形になってますけど。。。(^^;)

まる様

コメントありがとうございます。

動物愛護法があっても、こういう現実を知ってしまうと、
やっぱり日本の動物たちの置かれている立場は低過ぎると思います。
亡骸を引き取る前に「一般廃棄物として処理します」の一言を
飼い主に言ってるのでしょうか。
それを承知で委託する飼い主がいたら、またそれも怖い。

白玉の逆さ吊りシエスタ!いかがでしょう。
完全なゴム人形状態ですe-266

No title

私が飼っていたフェレットちゃん2匹は個別で動物霊園にお願いしましたが、道路で轢死していた猫ちゃんを連れ帰った時には 市に連絡して連れて行って貰いました・・・。

市にお願いした場合は個別じゃないけど 動物だけで、複数で焼かれると聞きました。
違ってたんですか ? ゴミ扱いなんですか ?

もし そうなら…
あの時の猫ちゃん、悪いことしてしまったね。 ごめんね。

どんなまどんな様

コメントありがとうございます。

動物だけで焼かれるとお聞きしたんですか?
お骨をどうするかは知りませんが、それだったら問題ないですね。
私も真偽の程は分かりません。
ただこのHPの一般廃棄物という書き方でしたら、
本当にゴミ扱いかと思うのです。
いい加減なことを書いたらいけませんので、
また県庁か役場に問い合わせておきます。
ありがとうございました。
プロフィール

こまちょんた

Author:こまちょんた
猫屋敷の住人。お猫様にお仕えして十年余り。お猫様と日々生活を共にし、ますます猫化しています。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
愛猫に先立たれた方に 聴いていただきたい曲です。     ▼ ボクが傍にいるから・・・(ブルー) mamさんに描いていただきました♪ 鈴娘ポートレート 鈴娘バナー
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧

「ネコジマン」の公式ブログ

是々非々でw

気ままにPHOTO LIFE second season
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。