スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お年寄りにやさしい社会は存在しない?

父の従妹に当たる親戚のおばさんが鳴門市に住んでいます。

田舎の広い敷地で、周辺も見渡す限り柿の木、みかんの木、
そして畑が広がっているばかりで、ご近所も少し離れたところにあります。
おばさんの家に行くには、細い道を入るのですが、その入り口も余程気をつけないと分からないくらい。

残念ながら写真はありません。
撮ろうと思いながら、カメラを忘れてしまうのでどうしようもありませんあせあせ


私が猫シェルターを作りたいと思うような場所は、
人がちょっと入って来れないような、静かで何も無い所です。


おばさんの家がある所は、そんな私が
「お、おばさん、ここに猫の保護シェルターを・・・・」
と、ついつい言ってしまいそうになるところです

別に私が今シェルターを作る計画をしている訳ではありません。
猫の虐待がある地域に住んでいて、保護してあげたい猫ちゃんたちはたくさんいます。
でも、今すぐに私が動ける状態ではないし、先立つものも必要だし・・・・、
と言っている内にすぐ年がいって、「もう諦めました」になってしまうんでしょうね。


ところでそのおばさんなのですが、
おばさんも広い畑を持っているのですが、自分では野菜を作れないから
無料で近所のアパートの人に貸して野菜を作らせてあげてるんです。
草ぼうぼうにしておくよりはいいだろうって。

私に猫シェルターを建てさせてくれれば、安いながらもいくらか払うのに。
あのおばさんなら、いらないって言うでしょうけど。ムフッ
でも、人様の土地に建物を建てると後々ややこしいからダメですね。
(やはり猫シェルターを作る気になってるような書き方ですね、これは

なぜ猫のブログにこのおばさんのことを書いているかというと、
おばさんは大の猫好きなのです。

おばさんは83歳と高齢ですが、とてもしっかりとしていて一人住まいをしています。
でも周辺には街灯もないし、夜になると真っ暗で、さぞかし怖いのではないでしょうか。

おばさんは、若い頃には何匹も猫を飼ってらしたそうです。
捨てられた猫、ご近所が引っ越しするとき置いていった猫等
お聞きしてたら、今も昔も人のすることは全く変わってないのだなと思いました。

おばさんは、
「捨て猫なんてかわいそうなこと、よくするねえ。
避妊手術さえしていれば、子猫は生まれないのに。
飼うのだったらそれくらいしてやればいいのに。」

「何年も一緒に住んでいたのに、引っ越しのときに
猫だけ置いていくなんて、よくできるものだ」

「私は猫が好きだから飼いたいけど、この年になったら
私の方が先に逝くのは分かってるし、もう飼えない」

と、年の割りには(おばさんゴメンなさい)よく物事を分かってらっしゃるのには驚き!



二年程前に亡くなったおばさんの弟も猫が好きで、ミケちゃんを飼っていたそうです。
そのミケちゃんは22、3才まで生きたそうで、
獣医学のあまり発達していない、一昔前のその年齢はすごいと思います。
やはりおじさんの愛情でしょうか。

おじさんの妻は猫嫌いだったそうで、よく猫を蹴飛ばしていたそうです。
徳島の人間は、よく猫を足蹴にするようです
札所の住職も蹴飛ばしていたようだし、世も末だ。




おばさんは、猫に会いたいと、わざわざうちにいらして、
うちの猫たちを1匹1匹ギューッと抱きしめて撫で撫でして、
本当に好きなんだなと思いました。

おばさんをかわいそうだとは思うけど、猫を飼うのは83歳ではちょっと難しいです。
まあ、これは本人も自覚していることです。
おばさんが亡くなったあと、うちが引き取るとしても
猫にとっては環境が変わってしまうので、かわいそうですものね。


おばさんは足が悪くて、猫を飼っていたとき、
猫砂を燃えるゴミとして少し離れた集積所に持って行くのが
重くてとても大変だったそうです。

今も同じ集積所へ可燃ゴミを持って行くのですが、
台車に乗せて行っても交通量の多い道路を渡らなくてはいけないので
とても危ないのだそうです。
また、大量の本を処分したいのだけど、これも集積所に持って行けないし
どうすればいいのか分からない。

「それだったら、高齢者の一人住まいなのだから
市から回収に来てくれないか、私が尋ねてあげる」
と、私が市役所へ電話。


市の担当者は大変不親切で、
電話の声が聞きづらく、聞き直すと横柄な言い方をしたもので、
一回目はムカッときたけど我慢しました。
しかし二回目にはさすがに我慢しきれずに
「一体何なんだー!その口の利き方はぁ!!」
と、ぶっちぎれて考えるよりも先に言葉が出てしまいました。
自分でも、おぉコワッ!!

普段から、怒ったって何の得にもならないのだから
落ち着いて、なるべく腹を立てないように、平穏な生活を、と思っているのですが、
横柄で偉そうにしてる輩は大っ嫌いなのです

アホ職員とは話にならないから、課長がいなかったから副課長とやらを出してもらい、
「あの担当者は一体何なんだ」
と聞いてみたところ、
「普通の対応の仕方をしたと思います。
彼はとても優しくて、仕事も熱心で・・・」
と懸命にかばっています。

あれが普通の対応だとしたら、腹を立てた私がおかしいの?
あの言い方は誰が聞いたって普通じゃなかったでしょうが!失礼な。
アホな部下にはアホな上司しかいないのか。

私は若くはないけどまだ高齢者ではないし、耳も普通に聞こえます。
もし耳の聞こえにくい高齢者からの電話がかかってきたら、
あの職員は一体どんな対応をしているのだろうと思います。

人の忠告を受け入れず、自己保身するような職場に発展は望めないでしょう。
市役所がこれでは、未来はないよ。



猫が好きなのに飼えない。
足が悪いのにゴミを遠くまで捨てに行かなくてはいけない。
どうにかしてもらおうと市役所に電話をしても横柄な態度で接せられる。
耳が聞こえないと相手にされない。

高齢者にとっては住みづらい世の中ですね。

私は長生きしたいとは思わなくなりました。

うちの猫たちには責任があるので彼らより先には死ねませんが、
彼らの寿命が尽きたら、私もすぐ死んでもいいです

そんなに早く死ぬなら、やっぱり猫シェルターは無理みたいしたした



アホらしい
こんな住みにくい世の中に誰がしたー?!





                                





テレビを観る鈴娘、白玉
      仲良くテレビを観る鈴娘ちゃんと白玉  そんなにおもしろい?








ランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いします。


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
ありがとうございました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おば様の気持ちわかるぅ
私もどれだけ生きるかわからないけど
年齢で猫飼い引退しようと決めてます
私がもし先に逝ってしまうと大変ですもん
いちよ頼んでる人いるけど・・・

にしても役所の人は良い人少ないですよね
カッチーンって来る事多いですもん
私も怒らない様にしてるけどねっ

ほんと年配の方が住みにくい世の中だと思うよっ

こまち様

コメントありがとうございます。

人間いつ死ぬか分からないから、猫たちの行き先は
予めちゃんとしておいた方がいいですね。
多頭飼いは、こういう時とても不安です。

役人はどうしてあんなに横柄なんだろうと思います。
ああいう態度じゃ民間企業では絶対受け入れてもらえないですよね。
また腹が立ってきました!あぁ、体によくないわ。

No title

私も何度となく役所の人間とは言い合いしてきました。
適当な対応されると、ムカつくから「あなたじゃ話になんないから、日本語のわかる人を電話にだして下さい。」って言ってやりました。

お年寄りや動物に優しく出来ない日本。
どうなってしまうんでしょう。
こども手当だとかなんとか言ってるけど、子供よりも高度成長期を支えてきたお年寄りの余生を支援してあげる方が大切なんじゃないかと思います。
北欧の国なんかは、国が老後をしっかりとサポートしてくれるそうです。
日本は、そういう意味ではすごく中途半端な。。。発展途上国なんじゃないかな。
今の日本だと、長生きするのも考えもんですね。

まる様

コメントありがとうございます。

今の日本、弱いものに対して、思いやりがなさ過ぎます。
今のお年寄りは、一番楽しい青春時代を戦争で失ったり
苦労してきた人がほとんどだと思います。
老後くらいゆっくりさせてあげればと思うのですが、
これだけ住みにくければ長生きしても辛いだけですよね。
科学の進歩はあるかもしれないけど、人々を取り巻く環境は
よくなるどころか、段々悪い方に向かっています。
これから先、どうなることか。

役所の人間には心を改めてもらわないと、
ふてくされたような、いい加減な対応をされると
電話する度に腹を立てそうな気がします。
ストレスが溜まるから怒りたくないんですよー。

No title

本当に腹の立つ事ばかり目立つ世の中になっていまってますね。
私も いつ死んでも良いと思っている一人です。
生きていても、悲しいこと、酷いこと、たくさんたくさん耳にしますもん。

役所の人に限らず、里親希望の中にも信じられないバカがいます。
メールをしていても 脈拍が強く、速くなっていくほど腹の立つ大バカです。
「早く、消えて無くなれ~ !! 」 って感じですよぉ。。

どんなまどんな様

コメントありがとうございます。

ブログの中でだけは、思いを共有できる方たちが
いてくださるのでホッとします。
これからも宜しくお願いしますe-348

里親希望者の中にもバカがいるんですか?
動物好きだからって分からないものですね。
私なら、きっと体が持たないでしょうね。
みんなとケンカしまくってるかも知れません。
どんなまどんなさん、どうぞ気持ちを落ち着けて、
ワンにゃんたちに良い里親さんを見つけてあげてくださいね!
プロフィール

こまちょんた

Author:こまちょんた
猫屋敷の住人。お猫様にお仕えして十年余り。お猫様と日々生活を共にし、ますます猫化しています。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
愛猫に先立たれた方に 聴いていただきたい曲です。     ▼ ボクが傍にいるから・・・(ブルー) mamさんに描いていただきました♪ 鈴娘ポートレート 鈴娘バナー
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧

「ネコジマン」の公式ブログ

是々非々でw

気ままにPHOTO LIFE second season
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。