スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多頭飼い

このブログを読んでくださる方は、
猫ちゃんの飼い主の方がほとんどでしょうが、
1匹だけではなく、
多頭飼いの方が多いのではないでしょうか。

ワンちゃんよりも猫ちゃんの方がどちらかと言えば
多頭飼いになるケースが多いと思います。

理由としては

ワンちゃんほど手間がかからない。
捨てられてる子猫を拾って増えてしまった。
保護中(猫ボラさんの場合。飼うというのとはちょっと違いますが)。

が主な理由でしょうか?

うちの場合も知らぬ間に
内外合わせて7匹の多頭飼いになっています。
私はボランティアはしていませんので、
みんなうちの子になっています。

最初は鈴娘ちゃんだけだったのに
いつの間にか増えてしまいました。

鈴娘ちゃん 眠い
                    鈴娘(すずめ)ちゃん




しかしこんなにたくさん飼って、
果たして猫たちの健康に目が行き届くのだろうか、
また、病気になったとき、
充分な治療を受けさせてやれるのだろうかと心配です。

特にもどきを糖尿病にしてしまってから
猫の健康管理に自信をなくしてしまいました。
その上毎月治療費が出て行きます。
糖尿病でも長生きしてもらいたいから、
出来る限りのことはしてやりたいと思っています。

また、もどきだけでなく、これから年を重ねるごとに
他の子たちにも病気が出てくるでしょうから、
医療費のことを考えると、とてもこれ以上は増やせないなというのが正直な気持ちです。

私としても増やしたくて増やしたわけではなく、
捨てられてるのを見たり、
お母さん野良ちゃんが小さい子猫を連れて
育児に四苦八苦してるのを見ると放っておけなかったのです。


まあ、飼ったら飼ったで動物たちは天使のようで、
今更彼らなしの生活は考えられないですから、
文句は言いませんけどね。

しかしそもそもの元凶である捨てた人間には


医療費の負担をしろ!!


ぐらいは叫びたいです。



多頭飼いとはちょっと違いますが、
繁殖業者の人たちは
どういう風にして動物たちの健康管理をしているのかと
心配になってきます。


先日の新聞に
「プードル子犬45匹 出産情報見てネ! プードル交配承ります。」
と広告が載っていたんですけど、
45匹も子犬がいてどういう風に管理しているのでしょう。
その他にお母さん犬、お父さん犬も当然います。
犬の数が多ければいいってもんじゃないでしょう。

また、この子犬たちが売れるかどうか分からないわけで、
(とてもプードルばっかり45匹も売れるとは考えられません)
売れなければまたまた増えていきます。
それとも売れなければ保健所行きですかね。

お金のために命をもてあそぶとはこのことで、
毎度のことですが、もっと厳しい規制はできないものでしょうか。

ペットショップの生体販売もそうですが、
売れずに大きくなってしまった子たちの運命を考えると
とてもとてもあのショーケースを覗き込む勇気が私にはありません。

「命を売る商売」なんて早くなくなればいいのに。

ミニチュアダックスを♂♀で飼っている、ご近所の奥さんまで
「子どもを産ませて売ろうと思って」
とか、立ち話してるのを聞くと、ため息しか出ないです。


イギリスとかの動物愛護の先進国ではどうなっているんでしょう。
一般庶民が犬の繁殖業者に早代わりなんてこと、あり得ないと思いますけど。

徳島HEARTさんのHPにも
一般の人が、最初は3匹だったテリアを45匹にまで
増やしてしまったというブログが載っていました。

このテリアを増やした女性は売ることが目的ではなかったようですが、
それにしても避妊・去勢手術をしなければ増えるということが分からなかったのかと思います。

避妊・去勢は自然ではないから、かわいそうだともよく聞きますが、
生まれた子たちを捨てる、処分する、充分な医療も受けさせずに死なせる
こういうことの方が余程かわいそうだと思います。


ボランティアさんたちは、本当にどうしようもない状況下で
たくさんのわんにゃんたちを保護して大変な思いをしてられるので、
この範囲内ではないですが、

私としては

なるべく普通の動物好きの方々は、
動物たちに十分な愛情、医療、食餌を与えられる頭数で
人、動物も幸せに暮らせる環境を保てたらいいなと思っています





ランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いします。


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
ありがとうございました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

HEART ホームページのリンク、ありがとうございます。
テリアミックス多頭飼育のあの記事も私が書きました。

むかし、むかしは… 病気でも無いのに手術するなんてと、避妊・去勢に対して理解できる人は少なかったのは事実です。
でも、初めての発情がくる前の子犬のうちに手術を終えるとホルモン関係の病気に掛かる可能性がゼロになる事を考えると…
家族も同然の我が子を病気から守ることにつながるんですよね。

可哀想な命を増やさない為にも 大切な家族を病気から守る為にも 必要不可欠なことだと思います。。

それから、個人が飼われている犬が産んだ子でも 譲渡では無く、売買するには資格が必要です。
素人が自分ちで生まれた子を売ってお金儲けをすると罪に問われますよ・・ !!
ご近所の無知な奥さん方に避妊の必要性と共に教えてあげて下さいね。

どんなまどんな様

コメントをありがとうございます。

捨てられたり、処分されたりしている犬や猫がたくさんいる以上、避妊・去勢は飼うにあたっての必要条件だと思います。
立ち話をしていた奥さんは茨城でのことですが、話相手をしていた奥さんも「うちはチワワで体が小さいから、産ませるのは諦めたわ」みたいなこと言ってました。一般の愛犬家って言われる人の中には、案外こういう感覚の人が多いのかな、とちょっとびっくりしたのを覚えています。
そうですよね。どういう方法を使って売ろうとしていたのかは知りませんが、資格を持ってないんだから、売るのは罪に問われますよね。うっかりしていました。今度何らかの機会があれば、教えようと思います。
プロフィール

こまちょんた

Author:こまちょんた
猫屋敷の住人。お猫様にお仕えして十年余り。お猫様と日々生活を共にし、ますます猫化しています。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
愛猫に先立たれた方に 聴いていただきたい曲です。     ▼ ボクが傍にいるから・・・(ブルー) mamさんに描いていただきました♪ 鈴娘ポートレート 鈴娘バナー
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧

「ネコジマン」の公式ブログ

是々非々でw

気ままにPHOTO LIFE second season
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。