スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとつの命

動物と言えど、尊いひとつの命を持っています。

先日の地元新聞に、40代男性がこんな投稿をしていました。

「先日、神山町の県動物愛護管理センターを訪れた際、1匹の犬が、お年寄りに
連れられてやって来ました。リードをつけていなかったので職員の方が注意すると
「処分してもらうために連れてきたのでリードはいらない」と答えていました。
しかも処分理由が「病気になったから」だと言うのに驚きました。
 一体、どういうつもりなのでしょうか。もし自分が同じような理由で家族に見捨てられたら、
どんなにつらいでしょう。自分の運命を知らず辺りを見回すその犬の姿がかわいそうでした。
少子高齢化の昨今、空前のペットブームだそうですが、ペットは癒しを与えてくれる家族であって、
道具ではないのです。
 病気になったからといって当たり前のように捨てに連れて来る人の気持ちが分かりません。
ペットを飼うのは「癒し1割、苦労9割」とさえ言われ、費用も驚くほどかかります。
そして飼い主がどんなに体調が悪くても、どんなに忙しくても、ペットの世話は待ってくれません。
ペットは飼い主にその命を委ねているのです。それだけ飼い主の責任は大きく重いのです。
 捨てる飼い主にも言い分はあるでしょうが、それはペットには関係のないことです。
最期まで責任が持てないなら安易な考えでペットを飼うのは絶対にやめてもらいたいものです。」



本当に、動物の命は飼い主次第です。
こんな言い方はよくないかも知れませんが、一般のお年寄りというのは、
昔の環境がそうだったのでしょうが、動物にお金をかけるということは、
あまりしないように思います。
老後の孤独を紛らすために小型犬を室内で飼っている方もいるでしょうが、
普通の中型犬を飼われている人には、番犬にという理由で飼う人が多いのではないでしょうか。
動物も感情を持つ生き物というよりは、物という感覚だと思います。



一方下関市での話ですが、道路で車にひき逃げされて鳴いている犬を女子高生が見つけたそうです。
その犬は、市の動物愛護管理センターに引き取られ、飼い主が見つからなければ、二週間後に
殺処分される運命だったそうです。
それを聞いた女子高生が級友らと共に、メールやチラシを配って飼い主を探し、
殺処分のほんの5時間前に飼い主が見つかったという記事がありました。


このようにして、ひとつの命を救うために奔走する人達もいます。
動物のひとつの命をどの程度に受け止めているか、人それぞれだと思いますが、
1匹でも救おうという努力をすれば、道は開けるように思います。
そして、安易な気持ちで動物を飼わないことですね。

私も心に留めておきたいと思います。




            あ、ちょうちょ
                 もどき  庭の花の前で
                 お気に入りの一枚です。





☆お知らせです☆



ミカエルちゃん里親募集その2
みおめろんママさんが
保護猫ミカエルちゃんの里親さんを
募集しておられます☆
おとなしくて、とてもかわいい子です。
詳しくはバナーをクリック!宜しくお願いします



愛護法ポスター








ランキングに参加しています。
とても励みになります。
1日1回ポチリ!とよろしくお願いします


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
ありがとうございました

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

飼っていたペットを家族と思わないで、平気でセンターに連れて行くのは、お年寄りばかりとは限りません。
お年寄りでも若くても、結局その人の人間性による行動だと思います。
以前こまちょんたさんにコメントした事がある、姉の同級生で病気の犬をもうダメだからと言う理由で、センターに連れて行く言った非情な人は当時まだ50歳でした。
お年寄りでも、年の取ったペットを大切にしている方は大勢いらっしゃいます。
病気でもうダメだから・事情で飼えなくなったから・とセンターに連れて行くような人間は、最初から動物を飼う資格などないのです。
そういう人間は、どのような感情を持っている人間なのか理解出来ません。
そして何よりも、そんな飼い主の元に来た動物が一番の被害者です。
大切な命だと言う事を思わない可哀相な人間です。

No title

何ともお粗末なお話ですね。
病気になったから処分ですって・・・
腹立たしくて怒りがこみ上げてきます。
病院代が負担であれば延命的な治療をしなくていいんです。
いつか消えゆく命なら、最後はお家で行かせてあげてほしいです。
治療が出来ない人もいっぱいいると思います。
無理だったら治療はしなくていいから、せめて最後は大好きだった人に見とられたいと思うのは人間も動物も同じだと思います。
命があり、感情もあります。
わんちゃんの場合は人間でいえば2~5歳位の知能があると聞きました。

こまちょんたさんは尊敬しています。
私は愛護センターに行く勇気がありません。
今後も色々と教えて下さいね。。

切ないです…。

こまちょんたさん、こんにちは。

酷い話しですね…
病気になったから処分って…信じられないです。
ワンちゃんの命を何だと思ってるのか…
病気になって一番辛く心細いのはワンちゃんなのに…。

確かに年齢関係なく非常識な飼い主はいると思います。
でも、うちのほうでもこういうお年寄りを見かけます。

我が家のミケもそんな無責任な年寄りの犠牲猫でした。
自分が寂しい時だけ餌付けして、出産して仔猫を連れてきたら
面倒だから餌はやらない、シッシッと追い払う…

こまちょんたさんの仰る通り、動物の命は飼い主次第ですよね。
最期まで責任を持てないなら安易に飼わないでほしいです。
どの仔も純粋無垢に飼い主を信じてます。
それをこんな形で裏切るなんて…悲し過ぎます。

下関のお話しは私も記事を読みました。
心優しい女子高生のおかげで飼い主さんの元へ
無事帰れたワンちゃん、本当に良かったですよね。

動物を轢き逃げするのは仕方ないという人が多いです。
確かに防ぎようのない事故もあると思いますが、
人間の不注意(不適切な速度で走行)や悪質な轢き逃げも
実際にあります。
私は運転しませんが、車を運転する猫友さん達は
人間は勿論、急に飛び出す猫や犬を轢いてしまわないように
もの凄く気を付けてます。
人間がきちんと注意すれば防げる事故も多いはずです。

ルナココママ様

確かに人間性が大きく作用することだと思います。
仔犬や仔猫を見ても無表情な子供もいますし、動物を慈しむお年寄りも
いらっしゃると思います。
ただ、今のお年寄りが生きた、戦中戦後の混乱期、自分達の食べ物を
確保するのが精一杯の時代を生きてきた人達にとっては、動物は
二の次だったと思います。
生活がある程度豊かになって、動物を愛護する精神が芽生えてきた
時代に育った人達とは、環境に大きな差があると思います。

しかし生活が豊かになっても、精神面が貧しい時代でもありますから
自分より弱い生き物、小さな生き物を慈しむ心がないような人には
動物は飼ってほしくないですね。
一番の被害者は、いつも何の罪もない動物になってしまうのですから。

コトママ様

自分と生活を共にした動物の最期を人任せにするのは
やめてほしいですね。
ましてや行政に殺処分に持ち込むなんて考えられないことです。
行政もこういう理由で持ち込む人からの引き取りは
拒めないものかと思います。
「最期まで責任を持って飼う」ことを奨励しているにも関わらず
管理センターでの引き取りという受け皿があるのって
なんだか矛盾していますよね。
ひとつの命を引き受けたからには、
最期まで責任を持つというのは鉄則だと思います。

YUKO様

YUKOさん、こんばんは。

何だか人間不信に陥りそうな話ですよね。
こんな飼い主に飼われたワンちゃんこそが被害者です。
自分の都合しか考えない人間ていますからね。
センターでは、持ち込む人にどういう風に動物が死んでいくのか
ビデオで見てもらうそうですが、それでも置いていくんですね。

あの人懐こいミケちゃんにも、そういう経緯があったのですか。
YUKOさんみたいな方に面倒みてもらえるようになって
ミケちゃんも、今は本当に幸せですね!

私は車の運転をするのですが、いつもにゃんこさんが
飛び出してくるんじゃないかとビクビクしています。
実は、そんな事を考えていた正にそのとき、私の前を走っていた
車の中に猫さんが飛び込んで行ったことがあったんです!
もう私、心臓が止まるかと思いました。
その猫さん、奇跡的に轢かれることはなく、どこかを打ちましたが
うまくタイヤの間から転げ出して、ものすごい勢いで逃げて行きました。
私、呆然となってしまいました。
ほんの少しの差で、私が轢いていたかもしれなかったですから。
いくら気を付けていても、飛び込んでこられてはどうしようもありません。
やっぱり猫さんは完全室内飼いが一番いいと思います。

No title

動物をモノとしか認識出来ないのは、感情の何かが欠落しているんでしょうね。悲しい事です。
驚いた事に、知恵も人生経験もあるお年寄りの方が平気で持ち込むケースが多いようで。。。嘆かわしい。

女子高生の話、見ました。
保健所の「飼い主でないと渡せない。」という決まり?にも驚きました。
誰が引き取るのであれ『命』が消えずに済むのなら渡すべきですよね。
後に飼い主が現れた場合に備えて、引き取り手の所在確認をきちんとしてれば問題ない事なのに。。。
結局はお役所仕事なんですかねぇ。

No title

安易に保健所に連れて行く人の話は、よく聞きます。
何かで見たんですが、旅行に行くからといって猫を保健所に連れて行った家族。
犬を保健所に連れて行ったものの、
保健所に血統書つきの犬がいたから、その子が代わりに欲しいとか。
そのほか色々、
その病気の人もそうですが、
頭がおかしい人が多すぎます、、、。
動物に愛情がもてないのは、
日本のペットショップの売り方にも問題があると思います。
可愛いから宣伝して売る、流行ってるから飼う、、、、
安易な気持ちで飼いたくなりますよね。
でも反対に下関の女子高生の様な話を聞くと、嬉しくて仕方ありません。
動物の命の大切さ尊さ、もっとたくさんに人に伝わるといいですね。

No title

おっしゃる通りですよね。
私が保護した老犬も・・たぶん捨てられたんだと思いますよ。
病院に連れて行ったとき
「面倒をみるのが嫌で(特に老犬)すてる人が多いですよ。もっとひどいのは新しい子を買ったから・・っていって愛護センターに連れて行かれますよ」
それを聞いた時はぞっとしました。
猟犬なんかも山ですてられます。
考えられない事は起きています!
この事に国はなんの対策も考えていないんだと思い、いつも怒りでいっぱいですよ~
動物を捨てた人に対してペナルティーを与えてほしいです。

こんな記事を読むと本当になんとかしろ~!って言いたいですよね。

それに、家で飼っていても病気をしても病院なんてつれてもいかないし
避妊、去勢もしないし・・たかが畜生だよって人が多いのにはびっくりしますよ。
特に、田舎に来てそんな飼いかたをされている方が多いのにもびっくりです。
そりゃ~本当に可愛がっておられる方もいますが・・半分以上は「たかが畜生」なんですね~

ぐちぐちと書いてしまいました。
いつもいつも思っている事なんですよー
この調子で我が家の子たちが増え続けてしまうのですよね~(汗)

病気なのに・・

地元新聞に投稿された方の記事、ありがたいですね。
こういう方もいると思うと・・まだ救われる思いです・・。

その病気の老犬は・・どうなったのでしょうか・・(泣)

投稿記事の「癒し1割苦労9割」という表現、
人それぞれだとおもいますが、いいと思いました!
動物との生活は・・手間もお金も!かなりかかります。
私の経験から、幼児を育てているのと全く一緒です。
(↑ここも人それぞれみたいですが^^;)
だからこそ、愛情も湧けば家族にもなれるものだと・・
こまちょんたさんの仰られるような
動物を・・物とか・・人間>動物と思う方は・・
どこか意識的に人間第一みたいな
境界線が存在するんですよね・・(==)
この部分は、その人間の育った環境や潜在的な何か?
根深いものだと思います・・。
戦中戦後の人がそういう意識(思考)傾向がある人が多いのは
否めないですね。そして・・現代の人間も・・
酔った勢いで深夜営業のショップにて・・まるでぬいぐるみを
買うように・・動物を買ったり、飽きたからといって
センター持込後、買い換えるとか、病んだ社会でもありまね・・

でも、これからは・・
変わるしかないので、一人一人が出来ることからですよね!
事故犬のお話・・昨日は、何度もテレビで見ました(^^)
こういうお話が大きく取り上げられて、保護センターなのに?
2週間で処分?と思った方も多いと思います。
知ることも大事ですよね!
もどきちゃん、バックに春のお花を背負って・・素敵ですね~
こまちょんたさん、いつも貴重なお話に感謝します(^人^)

No title

なんとも自分勝手な人ですね道具とでしか思ってないですよ
一般のお年寄りは動物にお金をかけ無いって言う方も少なくはないですよね
私の知り合いにも居ますし犬ともさんからも何人か聞いた事があります
環境がそうだったんでしょうねっ

5時間前に飼い主が見つかったお話も聞きましたよっ
子供達が一所懸命してる中で年寄りがこんな事をと腹立たしいです
きっとわんちゃんは・・・・・悲しいです 悔しいですねっ

まる様

お年寄りが持ち込むケースが多いのは、
多分若い頃に育った環境だと思います。
自分達が食べていくのに精一杯の時代に育ったんですから、
動物達のことは後回しだったんだしょう。
番犬として役に立ってもらうという考えから、
昔の人は犬を飼っていたんでしょうから、
役に立たなくなればお払い箱なのだと思います。
簡単に保健所に持ち込むお年寄りというのは、
そういう時代錯誤の考えのまま、ずっと来てしまったんでしょうね。

お役所というのは、本当に融通のきかない所ですね。
飼い主以外には渡せない決まりなんだと思います。
処分数を本当に減らしたいのであれば、
もっと融通をきかせた方法を考えてほしいですね。

肴様

安易に保健所に持ち込む話はよく聞きます。
その旅行に行くからという話も、
子供がいて旅行を取るか、動物を取るか選択することになり、
子供は旅行を取ったそうで、動物を保健所に持って行くことに
同意した話を聞きました。
一体、両親は子供に、どういう教育をしているのだろうと思います。

ペットショップで簡単に犬猫を買える時代ですものね。
やはり動物は物という感覚が、今の時代でも生きているのかも
知れません。
下関の女子高生のように、こういう若い人達が動物愛護に
目覚めてくれたら、本当に心強いです。

ムクムク様

そうなんです。
以前テレビで、足腰が立たなくなった、寝たきりの老犬が
管理センターで殺処分を待っているところが放送されてました。
そういう老犬を処分しなければいけない職員も嫌でしょうけど、
法律で決まっている以上、引き取らなくてはいけないんでしょうね。
どうせなら、どうして病院で安楽死にしてもらわないんだろう。
最後の最後で、飼い主が酷い仕打ちをするんですね。
もう飼い主の神経を疑いますよ。
猟犬なんかも、後追いして来れないように、足を銃で撃つんだそうです。
想像の域を超えた世界です。

確かに田舎はそういう考えの人が多いです。
田舎では、犬というのは、たかが畜生なんですよ。
これだけインターネットとか普及して、情報が溢れた時代であっても、
田舎の人の考えっていうのは、悲しいことに昔から全く変わってないと思います。

みおめろんママ様

徳島にも、こんな考えの方がいらっしゃるのは嬉しいです。
愛護団体の人かな?

愛護管理センターでは、譲渡もしているのですが、
病気と分かっている犬だったらその対象にはなれないですよね。
悲しいですけど。
こういうケースは、引取りを拒否できないものかと思います。
法律に「引き取らなければならない」とかって条文があるから厄介なんですけど、
持ち込む理由が愛護精神からかけ離れていますよね。
こういう人は、聞く耳持たないだろうし、逆ギレになられても困るけど
ちゃんと言い聞かせることも必要ですよね。

ペットショップは、春休みで賑わっていますけど、
管理センターでも譲渡会をしていることを、もっと知ってもらった方がいいと思いますね。
今でも、大変な数の殺処分数なのに、もうこれ以上、犬や猫を増やさないでほしいです。

こまち様

つまらない理由で保健所に持ち込む人って、案外多いみたいですね。
神経を疑うような話ばかり聞きます。
動愛法の「引き取り」の条文を削除してほしいです!
そしたら、今度は山にでも捨てるでしょうかね。
徳島でも、眉山という山に一番捨て犬が多いそうです。
以前、崖っぷち犬で有名になったところです。
あそこへ捨てれば拾ってもらえるだろうって。
悪人は、どこまで行っても悪人です。

お年寄りは、もう今まで5、60年それでやってきたんでしょうから
矯正は難しいかもしれませんね。
若い人達に夢を託すしか、道は残ってないのでしょうか。


プロフィール

こまちょんた

Author:こまちょんた
猫屋敷の住人。お猫様にお仕えして十年余り。お猫様と日々生活を共にし、ますます猫化しています。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
愛猫に先立たれた方に 聴いていただきたい曲です。     ▼ ボクが傍にいるから・・・(ブルー) mamさんに描いていただきました♪ 鈴娘ポートレート 鈴娘バナー
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧

「ネコジマン」の公式ブログ

是々非々でw

気ままにPHOTO LIFE second season
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。